経営革新計画

会員向けサービス

#

経営革新計画承認制度に
挑戦しませんか?

経営革新計画承認制度とは、新事業を行う中小企業者を支援するための公的な支援を受けられる制度です。

一定の革新性、経営の向上、実現可能性のある「経営革新計画」を審査し、承認しており、承認を受ければ、公的な支援を受けやすくなります。
今こそ、日頃からあたためている計画を実現させるために、前向きな一歩を踏み出してみませんか?

商工会では、「経営革新計画」に挑戦する皆さんを応援しています!
計画の作成、承認までを無料でバックアップさせていただきますので、興味のある方は商工会までお問合わせください。

概要

経営革新計画の承認を受けるためには、これから開始する「新たな取り組み」があり、その取り組みにより経営の相当程度の向上を図る計画になっていることが必要です。

「経営革新計画」という言葉を聞くと、難しい計画をたてなければいけないような気がしますが、「今の事業を活かして新しいことにチャレンジしたい」、「お客様のニーズをヒントにやってみたいアイデアがある」など、ご自身の事業をより良いものにするため皆様が日々自然に考えている事を基に計画をたて、それによりどのくらい効果がのぞめるか、数値に表してまとめていくことなのです。
計画をたてることで事業の方向性を再確認することができ、承認後は様々な県の支援制度を利用することもできます。

ページのトップへ

承認によるメリット

経営革新の承認を受けるとさまざまなメリットがあります

経営革新のメリットとしてもっとも分かりやすいのは、国から「がんばる企業」として認定を受け、保証協会の枠の拡大や補助金の支援措置、販路開拓支援を優先して受けられるようになることです。

中小企業施策を活用するチャンスが開けます。
経営革新計画の承認によって、様々な情報を入手できるようになり、中小企業支援策の活用が可能になります。
既存事業の現状と課題を見直すことができます。
経営革新計画では、3~5年の中長期計画を立案するため、経営目標が明確になり、事業全体像が明確になり、自社のポジションや課題が明確になります。
組織力を向上が図れます。
事業計画が目に見えるものとなり、経営方針が全社員に浸透し、意識改革につながります。
社員が一丸となって経営目標の達成に努力する組織体制が実現できます。
業績をアップさせることができます。
経営革新計画を作成することによって目標が明確となるため、業績の改善が図れます。
また、新分野への進出により、新規開拓が図れ、売上増大につながりやすくなります。
対外信用度、認知度がアップします。
やる気のある中小企業としてお墨付きをもらうことにより、他社からの評価が向上します。
これによって、 ①金融機関からの信用度がアップし、融資が降りやすくなる。
②社会的認知度が向上し、受注拡大につながる、などの効果が期待できます。
経営計画のブラッシュアップができます。
計画の作成及び審査を受ける過程で、自社の計画に対する第三者的な意見を把握することができるため、計画の更なる充実を図ることができます。

ページのトップへ