労務相談

会員向けサービス

労働保険(労災保険と雇用保険)

労働保険(労災保険と雇用保険)は、従業員(労働者)の福祉と経営の安定に欠かせない国の制度です。従業員(労働者)を1人でも雇用していると加入しなければなりません。

労災保険
業務上の事由又は通勤による労働者の負傷・疾病・死亡に対して、災害補償を行う制度です。
事業主(家族従事者)も特別加入ができます。(事務組合委託者)
雇用保険
労働者が離職した時などに、一定の要件で失業等給付を行い、生活の安定を図ります。
また、失業の予防を図るなど事業主への各種助成制度があります。

商工会は厚生労働大臣の認可を受け、労働保険事務組合として、事業主にかわって責任をもって事務処理を行います。

→ 労働保険事務組合についてはこちら

一人親方労災保険

一人親方労災保険
従業員のいる建設業の一人親方の労災保険も取り扱っています。

→ 詳しくはこちら

ページのトップへ