労働保険事務組合

会員向けサービス

#

労働保険事務組合のご案内

太宰府市商工会には労働保険事務組合が設置されています。
労働保険事務組合とは、労働大臣から労働保険の事務処理を行うことを認可され、中小企業事業主に代わってさまざまな労働保険に関する事務を代行することのできる団体です。

労働保険事務組合に加入することにより、原則として労働保険に加入することのできない事業主や家族従事者なども、特別に労災保険に加入することができることなど、さまざまなメリットがあります。

事務委託するメリット

  • 事務組合が一括.して事務処理をするので、事業主の事務処理が軽減されます。
  • 労災保険に加入することができない事業主や家族従事者も特別に労災保険に加入できます。
  • 労働保険料は金額の多少にかかわらず3回に分けて納付できます。
  • 労働保険料の納付にはコンピューターシステムによる自動振替が利用できます。
    ※事務を委託される場合、委託手数料等が必要となります。

事務委託の範囲

  • ・雇用保険の被保険者に関する届出等に関する手続。
  • ・保険関係成立届、労災保険又は雇用保険の任意加入申請書、雇用保険の事業所設置届等の提出に関する手続。
  • ・労災保険の特別加入申請、変更申請、脱退申請等に関する手続。
  • ・労働保険事務処理委託、委託解除に関する手続。
  • ・その他労働保険の適用徴収にかかる申請、届出及び報告に関する手続。

特別加入制度とは

労働者以外の方(事業主、会社役員、家族従事者等)で、その業務の実情、災害の発生状況などから特に労働者と同等に保護すると認められる方について、特別に労災保険の任意加入を認めている制度です。

ページのトップへ

事務委託するには

委託されるにあたり商工会への加入が必要になります。

事務組合への加入手続

以下の書類が必要になります。
書類は商工会が準備しておりますで、窓口にご相談ください。

  • ・労働保険事務組合加入委託書
  • ・労働保険成立届
  • ・雇用保険設置届
  • ・特別加入申請書等(任意加入)

労働保険の成立に必要なもの

  • ・会社の代表印(書類が多いのでゴム印もあれば一緒にお持ち下さい)
  • ・法人登記簿謄本(個人事業は代表者の住民票または免許証の写し)
  • ・銀行届出印と指定口座の番号がわかるもの
  • ・保健所の許可書又は公共料金等の領収書と仕入先からの請求書
  • ・建設以外の事業所→従業員へ支払っている賃金の総額が分かるもの
  • ・建設関係の事業所→元請工事の請負金額が分かるもの

雇用保険の取得に必要なもの

  • ・雇用保険加入者の雇用保険被保険者証
  • ・雇用保険加入者の労働者名簿
  • ・雇用保険加入者の初出勤がわかるもの(出勤簿又はタイムカード)
  • ・雇用通知書等

事務組合への加入手続

初年度
一律15,000円
2年目以降
労働保険料×5%+システム更新料5,000円

※労働保険番号につき上記の計算になります。

ページのトップへ